超王道!白ワインのおつまみといえば、やっぱりチーズ!!

チーズは甘口、辛口どちらの白ワインにも合う最強のおつまみ

白ワインといえば、やはり合うのは魚介料理。
でも作るのも後片付けをするのも大変そうで、もっと手軽に買ってすぐ食べられるようなおつまみがあればいいのに。と考えたことはありませんか?
実は、コンビニやスーパーで売られているおつまみでも、充分に白ワインを楽しむことができるのです。

魚介料理と共に好まれるのがチーズですが、コンビニやスーパーでも幅広い種類のチーズが手に入ります。
味わいのまろやかなプロセスチーズや、口当たりに特徴のあるクリームチーズ、お酒のおつまみ用として売られているチーズなど、どんなチーズであったとしても、基本的には白ワインとの相性は良いものです。

白ワインの中でも特にお薦めなのは、カマンベールチーズ発祥の地として知られる、ノルマンディーのシードルです。
このワインは甘口でも辛口でも、チーズとの相性が抜群なのです。

チーズとワインは、それぞれの味わいや香りに変化を付けてくれるので、様々な組み合わせを楽しむことのできる最高のマリアージュです。

知ってた!?チーズは大きく分けて二種類に分類される

我が国の法律には、チーズを規定した条項があります。それによるとチーズとは、ナチュラルチーズプロセスチーズとのふたつに分類されます。
ここからはその二つのチーズの違いについて大まかに見ていきましょう。

ナチュラルチーズ

牛や山羊等のミルクに乳酸菌や酵素を加えて固め、そこから水分を除いて熟成させたものをナチュラルチーズといいます。

ナチュラルチーズの特徴は乳酸菌が生きており、完成後さらに熟成をさせることもできるという点です。

ナチュラルチーズは同じ種類のチーズでも熟成の程度によってその色や風味などが大きく異なる場合があります。

プロセスチーズ

ナチュラルチーズを粉砕し、過熱して溶かして乳化させ、再び固めたものがプロセスチーズと呼ばれます。

プロセスチーズは本来、余ったナチュラルチーズを長期保存させようと開発されたものであり、熟成もしないのでいつでも同じ味を楽しむことができます。

白ワインに合うチーズの選び方

チーズ専門店の方に聞くと、ワインを選ぶ際にはチーズと同じ産地のものを選ぶことがお勧めだと教えてくれます。
その理由としては、ワインの原料であるブドウが育った土壌が、チーズを作る牛や山羊も育てているからです。
もしも同じ地域のものが見つからなければ、同じ国のものや近隣諸国のものといったように範囲を広げてみると良いでしょう。

また、産地だけではなくワインとチーズとの特徴にも注目してみて下さい。
例えばコクのあるワインには、同じように香りやクセの強いウォッシュチーズや熟成が進んだパルミジャーノ・レッジャーノ、ミモレットがとてもよく合います。

一方で、軽めのワインやスパークリングワインにはあまり熟成をさせないモッツァレラチーズや、クリームチーズ、ゴーダチーズにサムソーなどがおすすめです。
プロセスチーズが合うのも軽めのワインの方でしょう。

ネット通販で買えるおすすめのチーズ【まとめ】

気軽にネット通販で購入できるものを3つご紹介します。

①フロマックの3種のデザートクリームチーズセット
クリームチーズにドライフルーツやナッツをふんだんに混ぜ込んだもので、パンやクラッカーに乗せて食べるスタイルがお薦めです。

②カチョカバロ
熟成の過程を楽しめるチーズとして知られています。若いうちはミルクが甘く感じられるチーズですが、熟成が進むと酸味とコクが加わり、より味わい深くなるのです。こちらは果実味が感じられる白ワインと一緒に食べるのがお薦めです。

③ゴルゴンゾーラドルチェ。ドルチェは青かび部分が少ないのでブルーチーズ初心者にもお薦めです。マイルドで優しい味わいのため、フルーツやハチミツ等との相性も良く、貴腐ワイン等の甘口のワインともよく合います。